七五三 行う 日取り

七五三を行う日取り

 

 

七五三は、一般的には11月15日にお参りに行く方がおおいと思います。

 

これは鎌倉時代などの風習を経て広まったようですが、15日には別にこだわる必要はないと思います。

 

古来15日は、鬼が家の中にいて出歩かない日だといわれていました。

 

そのため、何かを始めるには吉日だとされていて、旧暦の11月には収穫のお祝いをする風習もあったため、子供の成長のお祝いをするには最適だといわれたことも起因しているようです。

 

 

 

 

 

 

しかし、最近では各ご家庭の事情もあるでしょうし、なにより11月15日には神社が込み合い、予約が取れなかったりお参りまでに長蛇の列だったりして大変混雑しています。

 

そのため、地方によっては旧暦で10月15日に行ったり、様子を見て早めたりお染めたりする人も増えてきました。

 

10月末から11月末くらいまでの都合のよい土日に行うのが最近では一般的になってきたようです。

 

日日にこだわらず、お子さんの体調や機嫌、天気などを考えてこの時期の間に写真を撮ったり、お参りしたりする計画を立てるとよいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

page top