七五三 あげる お祝い

七五三にあげるお祝い

 

 

七五三は、お子様の成長をお祝いする大切な日です。しかし、これは家族や親族の内輪でお祝いするものです。

 

そのため、七五三はおじいちゃんやおばあちゃん、親しい間柄同市などならお祝いを差し上げてもよいでしょう。

 

お祝いは、重なってもいけませんのであらかじめ何が欲しいか聞いておくのが良いと思います。

 

 

 

 

 

 

また、季節のお祝いなので早めに準備しておくのが良いでしょう。このお祝いですが、

 

七五三の場合にはのしをかける場合には、

 

3歳 「御髪置祝」
5歳 「御袴着祝」
7歳 「御帯解祝」

 

と書くとよいでしょう。

 

もしいくつのお祝いだったかわからない場合には「祝七五三」と書いてもらいましょう。

 

 

 

お返しは?

 

 

 

また、お祝いをいただいた時でもお返しは不要とされているのが一般的です。神社へお参りに行った際に、赤飯などを手土産に子供とあいさつに行くのが一般的です。

 

あまりにも高価なものや、高額のお祝いをいただいた時にだけ「内祝」としてお礼をしましょう。

 

 

 

 

 

 

最近では内内の祝い事として行うことが多く、おかえしもしないというのが通例になっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top