地域による七五三の違い

地域による七五三の違い

 

 

七五三は地域に密着している行事のため、地域によって多少違いがあるようです。

 

大きく分けて関東と関西では違いがあり、現在行われている七五三は一説によれば関東地方で江戸時代に始まったとされているので、はじめのうちは関西には七五三をお祝いする行事がありませんでした。

 

七五三のお祝いには晴れ着が必要で、これに目をつけた呉服商たちが積極的に宣伝したため広まったという説もあるほどですが、関西地方でも七五三がお祝いされるようになったのはなんと昭和になってからで、現在でも関東地方のほうが熱心にお祝いをするそうです。

 

 

関西では昭和になってからなんだとか

 

 

 

 

また、お参りは関東地方の方は祝詞をあげてもらうのが通例ですが、関西地方の方は神社へ行き、お賽銭を上げてお参りして千歳あめを買い、終わってしまうという方が多いようです。

 

また、関東では3歳は女の子のみしかお祝いしない地域もあり、地方によってさまざまです。

 

お祝いする日付も旧暦のところもあれば今の暦でお祝いしたり、年齢も数え年のところもあれば、満年齢のところもあり、全国を見ても地域によってかなり差があります。

 

 

 

 

 

トップに戻る

 

 

page top