千歳あめ

千歳あめ

 

 

 

七五三では、千歳あめをもらえてうれしかった人は多いのではないでしょうか。

 

ではなぜ、七五三に千歳あめがつきものになったのでしょうか。

 

千歳あめは、その名の通り千歳(1000歳)まで長生きしてほしいという願いが込められています。

 

また、おめでたい紅白の色と長く生きられるようにということで細長い形になっています。

 

 

 

 

 

 

 

どこで買う?

 

 

 

 

いまではコンビニなどでも簡単に手に入りますが、伝統のある飴やさんでは手作りした千歳あめを神社に奉納してお祓いを受けてから販売しているところもあります。

 

もともと七五三は、子供が無事に節目の年を迎えたことをお祝いする為の行事で、この行事に千歳あめはとてもよくマッチしています。

 

この千歳あめは、浅草で発売されたのが由来といわれていまして、そのため関東地方で流行した習わしだったようです。

 

 

 

 

 

 

伝統的な千歳あめはパッケージも縁起の良いものが描いてあり、なかなか味がありますが現在ではコンビニやキャラクターショップなどでいろいろな千歳あめが手に入るため、そういったものを選ぶ方も多いようです。

 

 

 

京の金箔千歳飴 5本 (金箔いちごみるく5本) 手提げ袋入り 七五三

1199円

京の千歳飴 2本入 (千歳あめ いちごみるく味1本、抹茶みるく味1本) 手提げ袋入り

1242円

【限定】友禅手提げ袋?プレミアム千歳飴入り?(3本入) レビュー書き込みで次回あめプレゼント

2829円

 

 

 

page top