七五三 について


promo-short
promo-long
promo-first-time

新着情報

地域による七五三の違い

七五三は地域に密着している行事のため、地域によって多少違いがあるようです。
大きく分けて関東と関西では違いがあり、現在行われている七五三は一説によれば関東地方で江戸時代に始まったとされているので、はじめのうちは関西には七五三をお祝いする行事がありませんでした。七五三のお祝いには晴れ着が必要で、これに目をつけた呉服商たちが積極的に宣伝したため広まったという説もあるほどですが、関西地方でも七五三がお祝いされるようになったのはなんと昭和になってからで、現在でも関東地方のほうが熱心にお祝いをするそうです。
また、お参りは関東地方の方は祝詞をあげてもらうのが通例ですが、関西地方の方は神社へ行き、お賽銭を上げてお参りして千歳あめを買い、終わってしまうという方が多いようです。
また、関東では3歳は女の子のみしかお祝いしない地域もあり、地方によってさまざまです。お祝いする日付も旧暦のところもあれば今の暦でお祝いしたり、年齢も数え年のところもあれば、満年齢のところもあり、全国を見ても地域によってかなり差があります。

...

七五三の写真を専用スタジオで

七五三の写真撮影は、子供よりも大人のほうが気合が入りますね。
かわいいわが子の晴れ姿をいかにきれいに残すかという、使命感を感じるのではないでしょうか。
昔は写真屋さんの写真館で撮影するのが一般的でしたが、最近では子供専用写真スタジオがあり、衣装の豊富さや手ぶらで行って撮影できる気軽さからかなり人気になっています。
こういったスタジオの利点は、まず子供専用に用意されている衣装が豊富だというところにあります。着物や袴は勿論、キャラクターのドレスや洋服、女の子なら憧れるプリンセスタイプのドレスなど100着以上の中から選ぶことができ、何枚でも着て撮影できます。
また、着物などの着付けやヘアメイクなどはすべてスタジオで行ってくれるので、着物を着せて移動する手間がかかりません。
そして子供専用ということで、スタッフも子供の写真を撮る専門で、泣いている子供でも、緊張して顔が引きつっている子供でも親が驚くほどかわいい笑顔で撮影してくれます。
デジタルカメラで撮影する為、撮った写真をその場で見て選び、アルバムにすることができるため、良い写真だけを親が選ぶことができ、そういった点からも人気を呼んでいます。

...

七五三の写真撮影

七五三は子供にとっても親にとっても一大イベントです。
お子さんは可愛く、りりしく着飾っていますし親もそれに合わせて正装します。そのため、写真撮影にも気合が入りますね。
家族でそろった写真を撮るのにも良い機会です。たくさん写真を残してあげましょう。
子供さん一人で撮影するときには、事前に着物や髪型をもう一度整えておきましょう。
写真を撮る人のほかにアシスタントがいればよいのですが、そうでない場合には親が目を配ってあげましょう。
また、カメラを前に表情が硬くなりがちですので、親御さんがリラックスさせてあげるとともにレンズのほうに集中できるように工夫してあげましょう。
家族全員でとる時には、写真館の人の指示に従い、真ん中をお子さん、両脇にお父さんとお母さんという具合で並ぶとよいでしょう。
子供にばかり集中してしまうので、家族写真を撮影する前には親も身だしなみに気をつけておくとよいと思います。

...
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 七五三 について All Rights Reserved.

VPS